高齢者の増加とケータリング料理の可能性

65歳以上の人が総人口の1/4を占め、今や4人に1人が高齢者です。

それを世帯に分けてみると、高齢者がいる世帯は全体の4割で、そのうちの半数を「単独」世帯と「夫婦のみ」世帯が占めています。


今回は、この高齢者の単独世帯と夫婦のみ世帯の食事と生活について考えます。

ミストコレクターの情報をお届けします。

さて、高齢者の悩み事と言えばどのようなものを思い浮かべるでしょうか?足腰の弱り、病気、不安……と多く挙げられますが、これらは外出を億劫にしたり無気力にさせてしまいがちです。

例えば、外出がイヤになると買い物に行くのもめんどくさくなってしまいます。

ISO27001 費用情報がリニューアルしました。

食料を調達しなかったらご飯も食べなくなりますので、栄養失調になってしまいます。

名簿 販売の情報をご説明します。

火を使うことに不安を覚えるようにもなるかもしれません。

あなたの探していた名簿 販売情報の理解したいならこちらのサイトです。

またそれたけではありません。

オフィス移転 費用情報があれば全てが解決します。

普段からご近所と密に連絡を取り合っているような関係を築いているならば問題ないですが、そうでない場合は外部との関わりをたってしまったら、いざというときに自分や家族の異変をすぐに知らせることが難しくなります。

https://4meee.com/articles/view/435798

しかし、ケータリングで料理を頼むという選択肢をとれば、これらの問題を解決する手助けになると考えられます。

https://matome.naver.jp/odai/2137244415354366201

まず栄養はバランスよく考えられていて、各種食事制限のあるような病状の方にも対応しています。

火を使うことに抵抗を感じるようになっても、レンジで温めればおいしくいただけます。


ケータリングの料理は現在、公共機関でも民間企業でも力を入れています。

http://okwave.jp/qa/q5180111.html

新聞配達員が所在安否確認を行うことが増えているように、ケータリング料理でも同様のサービスが期待されるのではないでしょうか?各戸に、福祉サービスのパンフレットが配布されるように、ケータリング料理一覧表が配布される日も来るかもしれません。

関連リンク

  • 国際会議やシンポジウムの運営を行う際には参加費として予め適切な食費を徴収して食事の手配を行わなければならないことが多々あります。日本における開催ではランチやディナーの一部あるいは全部の手配が行われるというのが典型的となっています。...

  • ケータリングのサービスを利用するとパーティーなどで大勢の人が集まる場面で、非常に豪華な料理を大量に用意することが可能になっています。事前に予約をしておけば会場に直接料理を届けてくれるので面倒な手間も掛かりません。...