国際会議の料理提供にメリットが大きいケータリング

国際会議やシンポジウムの運営を行う際には参加費として予め適切な食費を徴収して食事の手配を行わなければならないことが多々あります。

日本における開催ではランチやディナーの一部あるいは全部の手配が行われるというのが典型的となっています。

その手配の際には参加者の交流を図るために同じ場所に集められることが理想的であり、数名でテーブルを囲んで食事をしたり、立食パーティーを行ったりするのが設営の上で求められます。そういった際の料理の手配に有用なのがケータリングであり、会場の手配とおよその参加人数の予定さえ立てられれば容易に料理の提供を行ってもらうことができます。
会場におけるテーブルの配備や提供元によっては料理の提供までも行ってくれることがあり、実際の食事の場において準備や片付けの仕事についての人員手配の必要すらないというメリットがあります。また、指定した時間に合わせて料理を準備してくれることからケータリングを利用することによって参加者に温かな料理を提供することが可能であるということも後に高い評価につながるメリットです。


国際会議やシンポジウムを行うような大きな会場ではその付近によく利用されるレストランやケータリングの専門業者がいるため、手配を行うことも容易であり、そのスタッフも現場での設営に慣れているため滞りなくプログラムを進めていくこともできます。


そういったメリットの大きいのがケータリングの利用なのです。

















関連リンク

  • ケータリングはレストランやホテル、または専門業者が料理を希望の場所に配達セッティングしてくれるサービスです。利用するシーンは様々であり、一般に結婚式や企業のミーティング、パーティーや家族行事が上げられます。...

  • ケータリングとは出前などと違って料理だけではなく配給サービス・給仕のサービス・会場設営などパーティーを開催するために必要となる部分の全てをサービスとして受けることが出来ると言う特殊なものです。そのためケータリングサービスを依頼するだけで自分たちはゆっくりすることが出来ますし、多くの人達が参加するような大掛かりなものの場合は的確にスムーズに準備することが出来ます。...